Alley’s vintage について

IMG_4125

ご存じの方もいらっしゃいますが、アリーは、姉妹で営んでいます。

姉の方が古着やアクセサリーを。妹が花を担当しています。

古着担当の私は、ある時から急に着たい服、買いたい服が見つからなくなってしまい、

昔から持っているものを着まわして過ごしていました。

ふと目に留まるのは、ヨーロッパやアメリカの古い洋服やアクセサリー。

野暮ったさと、他にはない珍しいデザインなどに惹かれ、一気に関心が高まりました。

洋服の時代背景にも興味がわき、ファッションの歴史も自分なりに調べて

当時を想像してみたり、それを今、着こなしてみたいなと思ったり。

そんな思いの中、訪れたオランダで求めていたものと出会ってしまいました。

オランダには、オランダのもの以外にも、フランスやドイツなどのアンティークや

ヴィンテージの服や雑貨が今でもたくさん残されています。

古いものを特別扱いしたり、逆にマイナスなイメージで捉えたりするわけではなく、

ごく普通に日常に取り入れている現地の人々。

ヨーロッパ各地で何気なく残されたその1点を、偶然にもオランダで発見できたことは

とてもラッキーなことだったと思います。

気軽に、好きなように、古着を楽しむ。

もう若くないからとか、女性らしくないから。ではなく、素直に着たい服と向き合っていきたい。